全ての男性のペニスは子供の頃には包茎の状態で、ある程度の年齢になると包皮と亀頭の癒着が剥がれて手で容易に亀頭を露出させることができるようになります。
子供の頃のペニスは生理的包茎と呼ばれており、手で剥けるようになった状態は仮性包茎と呼ばれます。
一方で大人になっても包皮の先端が狭いため亀頭を露出させることができない状態が真性包茎です。
一応手で皮を剥くことができるものの包皮口が狭く無理に剥いて亀頭が圧迫され、腫れ上がった元に戻らなくなった状態はカントン包茎と呼ばれます。
仮性包茎の治療を受けるのであれば、まず値段に関する基礎知識を理解することが大切です。

包茎の種類によって値段が異なります

包茎は仮性と真性、カントンの3種類に分類でき治療を行う場合の値段にも違いが存在します。
仮性包茎は病気ではないので必ずしも治療を行わなければならないわけではありませんが、見た目や臭いが気になるため治療を受けるケースが多く見られます。
真性包茎やカントン包茎は放置すると性病や悪臭の原因になるので治療が必要であり、健康保険が適用されます。
仮性包茎には平常時に半ば亀頭が露出しているタイプや完全に亀頭が覆われているタイプなどがありますが、いずれも手で剥くことが可能です。
日本人男性の多くが仮性包茎とされており、病気ではないので任意に治療を行う場合には健康保険が適用されません。
真性包茎やカントン包茎の場合は基本的に健康保険が使えますが、審美性を目的とする手術を受ける場合は適用外となります。
平均的な手術の値段は仮性が約9.8万円で真性は約18.2万円、カントンは14.4万円とされています。
仮性包茎の治療を受ける場合には平均的な値段に関する基礎知識を把握した上で、各クリニックの料金設定を比較するとよいでしょう。
保険が適用されない仮性包茎は、自由診療なので各クリニックで異なる料金が設定されています。
各クリニックの値段や治療内容、サポート体制などを比較検討して最適なものを選ぶ必要があります。

値段が安いクリニックも存在します

包茎治療を受ける場合の平均的な値段は仮性が約9.8万円で真性が約18.2万円、カントンが約14.4万円とされます。
他のタイプと比べると仮性包茎の値段は安い傾向が見られますが、実際の費用はクリニックの料金設定や治療内容によって異なります。
3万円台で仮性包茎の医療を行うクリニックもありますが、仮性包茎は健康保険が適用されないので高額な費用がかかるケースも存在します。
平均的な値段よりも安い場合でも豊富な実績と高度な技術力を備えており、サポート体制が充実しているクリニックならば安心して治療が受けられます。
クリニックの中には学割やシルバー割を行っているものもあり、一定の要件を満たせば規定料金よりも安く治療を行うことが可能です。

仮性包茎の代表的な手術方法には環状切開法と亀頭直下埋没法があります。
環状切開法はかつて主流だった術式で、ペニスの中央に切開線を作るので傷跡が目立ちやすいのがデメリットです。
ただし手術費用は3万円から10万円と安く、真性包茎などの手術を受ける場合は保険が適用されます。
亀頭直下埋没法は現在主流となっている術式で、傷跡が亀頭の真下になるようにするため傷跡が目立たないというメリットがあります。
この術式で真性包茎などの手術を受ける場合でも健康保険が適用されず、7万円から25万円の費用が必要です。

信頼できるクリニックで仮性包茎の治療を受けるには

仮性包茎の平均的な値段は約9.8万円とされていますが、実際の費用はクリニックの料金設定や治療内容によって変化します。
健康保険が適用されない仮性包茎の治療を行う場合の値段は、クリニックが自由に設定できます。
安い場合は3万円台から治療を行うことも可能ですが、高い場合だと20万円以上することもあります。
なるべく費用を抑えて仮性包茎を治したいのであれば、料金設定が安いクリニックで環状切開法による手術を受けるとよいでしょう。
環状切開法は傷跡が目立ちやすくツートンカラーになるというデメリットが存在しますが、近年では亀頭真下の皮膚を残した手術が行われており性感を残すことができるため人気があります。

値段の安いクリニックはあまり宣伝に力を入れておらず、無駄な出費が少ないという特徴が存在します。
雑誌やチラシなどを使い積極的に宣伝を行うと、高額な費用が必要になるため治療の値段も高くなってしまいます。
宣伝費用など無駄な出費の少ないクリニックでも、優れた医師が在籍していれば多くの患者を集めることができます。
費用を抑えつつ仮性包茎の治療を受けたいのであれば、値段だけでなく技術力や過去の実績などを参考にクリニックの信頼性を判断するとよいでしょう。

まとめ

仮性包茎は病気ではないため真性包茎やカントン包茎と異なり健康保険が適用されません。
平均的な治療の値段は約9.8万円ですが、具体的な費用は各クリニックの料金設定や治療内容によって変化します。
安い場合には3万円台で治療を行うことも可能で、高い場合には20万円以上することもあります。
環状切開法で手術を受ける場合には一般的に3万円から10万円ほどの費用が必要です。
なるべく費用を抑えたい場合は、料金設定が安い信頼できるクリニックを選び環状切開法で手術を受けるとよいでしょう。
料金設定が安くても技術力や過去の実績などを参考に信頼できるクリニックを選べば、安心して仮性包茎を治療できます。